528Hzの音叉に合わせて発声

データベースカテゴリ: 美容・健康・ヒーリング528Hzの音叉に合わせて発声
会員様 の声 スタッフ さんが回答しました(7か月 前)

腰が痛い時、お腹に違和感がある時、音叉を当てて調整していると治まっていく。
528Hzの音叉に合わせて発声をしていたら、声の通りが良くなった気がします。(Sさん)