2019年3月山岡尚樹からのアドバイス

 

古来より、満月や新月、冬至や夏至など、太陽や月などの天体のサイクルは、

人の思考や行動、精神や肉体に影響を与えているとされ、

先人たちは、この自然のリズムに沿って、一年の大切な行事や農作業などを行なってきました。

その中でも春分の日は、昼と夜がほぼ同じ長さになり、

一年の中で最も「自然界の陰陽エネルギーのバランス」がいい日として、

「新しい一年のサイクルの始まりの日」として、とても大切です。

この春分の前後に、これからの一年を「春夏秋冬の自然のサイクル」に沿ってイメージしておくことで、

春分(種まき)→夏至(開花)→秋分(収穫)→冬至(熟成)

の季節の移り変わりに合わせて、自分自身の成長や変容を無理なくナチュラルに進めることができるようになります。

詳しくは、会員サイトの<マンスリーセミナー>2019年3月テーマ:
「春分からの新しい1年の成幸サイクルのはじまり」をご覧ください。

動画を観たりワークをしてみた感想や質問、実生活での変化や気づきなどありましたら、
ぜひLINE@からご連絡くださいね(^^)♪